PR



赤ちゃんの撮り方

赤ちゃん、子供を簡単に可愛く撮る9のルール

更新日:

赤ちゃん、撮り方

赤ちゃん、子供を簡単に可愛く撮る9のルール

  • 自然光
  • 直射日光を避ける
  • 昼間に撮影する
  • 寄って撮る
  • 小道具を使う
  • たくさん撮る
  • いろんな角度から撮る
  • ピントを見せたい部分にあわせる
  • アプリで加工

自然光で撮影する

tumblr_nozdwmiRUi1uwb3ugo1_1280

元気に遊ぶ子供たちの姿は、生き生きしています。

そんな姿には、ついカメラを向けてしまいます。

ですが、暗くなったりぶれてしまったり、失敗も多いです。

そんな失敗の原因は、光が足りていないから。

天気のいい屋外、光のたくさん入る窓際は、綺麗に写真が撮れる条件を兼ね揃えています。

写真は、明るいところで撮れば、失敗しません。

直射日光を避ける

tumblr_nozdreJDX11uwb3ugo1_1280

明るいところで撮影するのが基本ですが、直射日光は曲者です。

デジカメは、光の明暗差が苦手です。

どこかが暗くなったり、明るすぎたりしてしまいます。

デジカメは、曇りの日や日陰が大好きです。

その状況なら、写真の失敗を防げます。

昼間に撮影する

tumblr_nozdxhOT111uwb3ugo1_1280

ファッション雑誌の撮影は、早朝から午後までの間に行うのが殆どです。

場合によっては、午前中で撮影が、終了することもよくあります。

なぜなら、自然光のある昼間に撮影する方が、光が綺麗で、いい写真が撮れるからです。

赤ちゃん、子供撮影も同じです。

機嫌のいい、午前中に撮影すればいい笑顔が撮影できます。

寄って撮る

一歳、写真、撮り方

可愛い顔にできるだけ、近づいて余分なものが背景に入らないようにします。

スマホの液晶画面は、広い範囲を写すので、自分から近づいて撮影することを心がけます。

小道具を使う

IMG_0468

遊具やおもちゃ、たべものを使えば、いい表情の写真を撮ることができます。

たくさん撮る

写真館で撮影された経験のある方はご存知だと思いますが、

プロはいい表情が撮れるまで、たくさん写真を撮ります。

一枚で終わりなんてことは、まずありません。

いろんなところから撮る

真正面、斜め横、真上など可愛いと思う見え方を探します。

人の顔は、見る角度によって、目が大きく見えたり、顔が大きく見えたりします。

わからなければ、いろんな角度から撮ってみます。

そうすることで、見え方の違いが発見できます。

ピントをあわせる

ピントの合った部分に、人の目がいきます。

顔なら目に、一番写したいと思うところにピントをしっかり合わせます。

ピントをしっかり合わせることで、主役が引き立ってきます。

アプリで加工

スマホアプリには、色フィルターがあります。

モノクロやビンテージ風など色を変えることで、雰囲気のある写真になります。

操作も直感的に見ながらできるので、簡単に好みの色合いになります。

スマホ写真整理が楽になる。無料フォトブックもつくれる Primii(プリミィ)ってどうなの?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 さおり 椿

PR

pc関連記事広告

記事下

-赤ちゃんの撮り方
-,

Copyright© おやこかめら , 2017 AllRights Reserved.