おやこかめら記事上広告

運動会、スポーツ写真の撮り方

運動会撮影の前日までにやっておくこと

更新日:

運動会、レンズ

 

運動会撮影に持っていく機材

  • ズーム機能のついたデジカメもしくはビデオカメラ
  • SDカードなどのメモリーカード
  • 予備バッテリー(充電満タンにする)

あると便利な機材

  • 脚立
  • 三脚

 用意するデジカメの必須条件

運動会撮影

canon eos kissのレンズ55−250mmで撮影しました。

遠くまで撮れる機能があること

200mm以上のレンズやズーム倍率が高い機能があるカメラは、

遠くの距離からでも、大きく写すことが可能です。

運動会では、望遠機能つきカメラを使用します。

運動会撮影が可能なコンパクトデジカメ

Canon デジタルカメラ Power Shot SX700 HS ブラック 光学30倍ズーム PSSX700HS(BK)

運動会で使う一眼レフレンズをレンタルしてみる

スマホカメラではうまくいかない。

なにかと便利なスマホカメラですが、運動会の写真撮影には不向きです。

iphone5で撮影を試しましたが、液晶画面が明るく見ずらいうえ、

タッチシャッターで、連続撮影しても、結局ピンボケでした。

動画も写真も撮影するならビデオカメラvデジタs一眼レフどっちがいい?

運動会撮影のメインが、動画ならビデオカメラの撮影がいいです。

しかし、写真も欲しいとなると、動画から静止画を抽出ことになります。

動画から切り出された写真の画質は、デジカメで撮影したよりも劣ります。

4kハンディーカムが静止画の画質がいい

4kハンディーカムの登場により、静止画の画質も良くなってきています。

動画がメインで写真もほしいという方に向けたハンディーカムです。

SONY デジタルビデオカメラ ハンディカムFDR-AX30
icon

SONY 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX30 ブラック 光学10倍 FDR-AX30-B

写真、動画どちらも綺麗に撮れるのは一眼レフ

スポーツシーンを撮影するのに、最適な機能があるのは、

一眼レフデジカメ。

動くものに合わせた撮影性能がそろっていない、コンパクトデジカメや

スマホカメラで、運動会の撮影をするのはプロでも難しいです。

一眼レフの動画撮影は、画質もよく、撮影も難しいものではありません。

私が使用している運動会撮影の機材

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7i ダブルズームキット EF-S18-55 IS STM/EF-S55-250 IS STM付属 KISSX7I-WKIT

用意するメモリーカードの条件

保存容量 32GB以上

転送スピード 90MB/Sくらい

クラス10くらい

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

動画の撮影時間ってどれくらい?

開会式から閉会式までの一日中、連続撮影するなら8時間くらい連続撮影できる機能が必要ですが、たいていは、子供の登場する競技部分だけ。

ダンスや組体操などの長い競技でも10分程度です。

兄弟がいて録画頻度が多くても、トータル2時間ほどで済むのではないでしょうか。

トータル2時間くらいの動画撮影に必要な保存容量は?

ハンディーカムの場合

内臓メモリーが64GBあれば、4K撮影で2時間ほど撮影可能です。

ビデオ撮影テクニック

デジカメの場合

CANON EOS KISS X7を参考にすると

フルハイビジョン撮影で32GB以上あれば、2時間以上撮影が可能です。

動画撮影に、おすすめSDカード

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度85MB/s) U3Xシリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3X

関連記事

メモリーカードが原因かも?!決定的瞬間なのに連写できない理由

いい撮影ポイントは、混んでいる

運動会、デジカメ

脚立があれば前に人が立ちはだかっていても、大丈夫。

用意する脚立の条件

  • 軽くて持ち運びが楽なもの。
  • 踏み台の幅が広く安定性があるもの。

SEW-6 アルミ天板幅広踏み台


上の脚立は、ファッションモデル撮影の時にもロケバスに積んであります。

丈夫で軽く、乗って撮影してもグラつきません。

運動会撮影を成功させるには、撮影場所が大事

運動会撮影

徒競走は、ゴール付近。リレーなどのトラック競技は、進行方向の直線脇付近。

運動会撮影

ダンス、組体操 、綱引きは、正面から。

子供がどこにいるかわからない→目印をつける。

撮影場所が確保できても、どこにいるか探している間に、競技終了〜。

なんてことが起きないように。

結局わかんなかった〜。という声はよく聞きます。

みんなが同じ服装をしているからわかりにくいんですよね。

靴や靴下を目印に探す。

派手なハイソックスや真っ白な靴など自分の子供とわかるような

特徴をつけると探しやすいです。

怪我してないけど、ひざにおおきな絆創膏とか。

運動会、目印

上の写真を見るとわかりますが、白い靴で黒いハイソックスの子目立ってます。

運動会撮影のコツ

  • いい位置の撮影場所を確保し、
  • ズーム機能と目印を頼りに、素早く我が子を見つける
  • ひたすらシャッターを押す。

これが、運動会撮影のコツです。

運動会にはドラマがある

運動会、動画撮影

ひとりひとりが、仲間のために、一生懸命頑張る姿は感動です。

残念ながら、足を怪我して競技に参加できない子もいます。

得点の集会係として参加していました。

一位じゃないけど、優勝しなかったけど、やりきることに意味がある。

撮影中もいろんなことを教えられました。

関連記事

デジカメで子供の運動会を失敗せずに撮る方法。7つの失敗例と対策

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 さおり 椿

pc関連記事広告

-運動会、スポーツ写真の撮り方
-

Copyright© おやこかめら , 2017 AllRights Reserved.