カメラ、レンズを買いたい

カメラ初心者のデジカメ選び。価格を基準にしてはいけない理由

更新日:

まともにカメラを触ったことのない超初心者だけど、素敵な写真が撮れるようになりたい。 まずは、どんなカメラを使えばいいの?




カメラを選ぶ際、値段を基準にしてはいけない理由

カメラを選ぶ基準がまずは、値段という方多いのではないでしょうか?

ざっくり例を出すと、5万円以内で軽くて持ち運びの便利なデジカメとか。

5万円以内のデジカメは、

コンパクトデジカメ、ミラーレス、防水カメラ、一眼レフカメラなどたくさんの種類があります。

予算だけで決めてしまうと、

「ほんとは夜景が撮りたかったのに、ピントも合わずブレブレで、スマホの方が綺麗に撮れるじゃん」

という失敗が生まれます。

カメラ選びは、いつどこで何を撮りたいかで決める。

まずは、予算を考える前に、スマホカメラではなく、なんでわざわざデジカメを買おうと思ったのか考えます。

例えば

  1. いつ使う?→夜景を撮りたいので夜に使う
  2. どこで使う→海外旅行や旅先で
  3. 何を撮りたい→人物と夜景を一緒に撮りたい。

カメラそれぞれには、得意不得意があります。

夜景が得意なカメラ、スポーツが得意なカメラなど、撮りたいものがスムーズに撮れるカメラでなければ

いい写真は撮れません。

カメラの知識は全くないから、どんなカメラが何が得意かなんて全然わかんないです。

ネット検索を活用してリサーチする

カメラの知識がなくても、使う目的はわかるはずです。

目的がはっきりしたら、今度は、ネット検索を使って機種の候補をあげていきます。

例えば、

「夜景、人物、カメラ」と検索すると、

ソニーのデジタル一眼レフαがヒットしました。

そのほかにもcanonのホームページがヒットします。

canonのhpでは、夜景におすすめカメラとしてeos kiss mという機種が紹介されていました。

この段階で、一眼レフデジカメは、人物と夜景を一緒に写すのが得意なカメラであることがわかります。

 

しかし、一眼レフデジカメを扱うには、写真の知識が必要なんじゃないの?

といった疑問も出てきます。

「夜景、人物、コンパクトカメラ」で検索してみます。

すると、夜景が綺麗に撮れるデジカメ記事のサイトなどにヒットします。

それらをざっとみてみると、夜景と人物撮影が一緒に綺麗に撮れるコンパクトデジカメは、

canon PowerShot G7ということがわかりました。

 

今まで調べた結果、ソニーα、canon eos kiss m,canon PowerShot G7という機種が候補になってきました。

購入候補に上がったデジカメを一度レンタルして使ってみる。

デジタルカメラは、安い買い物ではありません。

カタログを読んでも、店員さんに説明を受けてもいまいちよくわからないってことないですか?

 

一番いいのは、実際に試し撮りしてみることです。

なんとなく買って使ってみたけど、写る写真はピンボケやブレが多く、スマホ以下じゃん。とならないように

レンタルして一度使ってみます。

デジカメレンタルは、ネットからでもできます。

ネットでレンタルできるデジカメ

ReReレンタル

ReReレンタルは、デジカメがレンタルができるレンタルショップです。

PowerShot G7 X MARK II のレンタル
といった、コンパクトカメラからcanon,ニコン、ソニーの一眼レフカメラなどありとあらゆる人気のデジカメが

レンタルできます。

SONY ソニー ミラーレス一眼 α7 II のレンタル

 カメラの使い方は、動画サイトで確認する。

レンタルしたカメラを実際に使ってみます。

カメラそれぞれの機種の使い方は、検索すると動画や説明書のサイトにヒットします。

初めて使うカメラは、電源を入れる場所の確認から始めます。

撮影した写真をスマホやpcで確認する。

レンタルしたカメラを持って、撮りたかったものを撮影します。

カメラのモニターで見るのと、pcやスマホで見るのとでは、違って見えることがあります。

少し大きい画面で、ピントやブレがないかチェックします。

初心者こそ、まずはレンタルカメラから初めてみる方がいい。

デジタルカメラ欲しいな。と思ったら、大抵即購入という図式が浮かびますが、

プロカメラマンは、自分の持っていないカメラや試しに使ってみたいカメラは、

レンタルショップでレンタルし、いいカメラだと思ってから購入している人も多いです。

 

カメラの知識がない方は、まずカメラがどんなものなのか試し撮りし、

思ったのと違うとか、思い通りに撮れたとか確認してから、カメラを購入するのをおすすめします。

no image
一眼レフ初心者のためのディズニーランド

​  一年中、さまざまなパレードが開催され、 現実を忘れさせてくれる場所。 「ファンタジーな世界を素敵に写真に収められたら。」 なんて思うことありませんか? また、せっかく来たのだから失敗なく撮影した ...

続きを見る




pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-カメラ、レンズを買いたい

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.