赤ちゃんの撮り方

赤ちゃんのアルバムの作り方

更新日:

6年前、我が家に娘が誕生してから、人生でこんなに写真撮ったことある?というくらい

毎日成長記録を撮っていました。

あれから6年経った今、その頃の写真や動画を娘と一緒に楽しんで観ています。

出産祝いでいただくベビーアルバムは、実は使い方が難しい。

赤ちゃんのアルバム作りで真っ先に思い当たるのが、

出産祝いでいただく昔ながらのベリベリ剥がすタイプのアルバム。

台紙が増やせて、名前が入って、立派なアルバムなんですが、実はかさばるし、重いし、入れずらいしと

使い勝手はあまり良くありません。(すいません)

 

「プレミアム 名入れ 刺繍 ベビー アルバム BORN FREE うばぐるま 赤 デニム」初節句/出産祝い/女の子/台紙が増やせる/貼り付け式/名前入りアルバム/日本製/フォトアルバム/アルバム ベビー/メモリアル/誕生日/赤ちゃん/【smtb-TK】【RCP】/02P28Sep16/

写真整理は、自分でプリントすると労力と時間のかかる大変な作業なんです。

 

私も初めは、自分でプリントして、ベリベリ剥がすタイプの増えるアルバムに整理しましたが、

労力とコスト面で、2度とやりたくないと思うほど大変だったので、自分で整理するのはやめました。

 

大変な作業をしていた時の記事↓

子供の写真が膨大に溜まってきたので、ようやく整理してみました。

 

簡単にできる赤ちゃんのアルバム作りの手順

赤ちゃん時期だけじゃない、これから何年間も写真を撮り続けるなら、断然アルバムアプリを利用するのがいい。

自分で写真整理をしながら気づいたことは、

 

  1. 時系列に整理しない
  2. 自分でプリントしない。
  3. pcで保存しない

ということでした。

結果、赤ちゃんから今までの6年間の動画や写真は、ネットストレージのアルバム整理アプリで管理しています。

やることは、アプリをダウンロードするだけ。

アップロードも、時系列に整理することも自動でやってくれます。

 

好きなアルバムアプリをスマホやタブレットにダウンロードする。

まずは、写真を管理してくれるアルバムアプリを探します。

写真を頻繁にプリントしてファイリングしたい方は、プリントサービスのあるものや、

フォトブックが作れるサービスと一体化したものがおすすめです。

 

どんな写真を撮っておいたほうがいいのかは、こちら→ [赤ちゃん]0~1歳児に撮っておきたい写真[撮り方]

 

赤ちゃんアルバムにおすすめなアプリ

毎月無料でフォトブックが1冊作れるピリミィ は、写真整理とアルバムが一度にできる便利アプリ

プリミィ は、スマホの写真や動画を保存してくれるネットアルバムと、冊子タイプのアルバムが作れるフォトブックが

セットになったアプリです。

赤ちゃん時期は、ネットに写真を保存するだけでなく、フォトブックにしたり、

ネットプリントしたりと紙で思い出を残していました。

 

プリミィ のように、アルバムから直接フォトブックやネットプリントができれば、スムーズに写真整理ができます。

 

毎月8枚無料でプリントできるアルバス - ましかく写真プリント は、定期的にプリントしたい方におすすめ

アルバス - ましかく写真プリントは、ネットアルバムと写真プリントが同時にできるアプリです。

プリントは、真四角の写真。

真四角プリント専用のアルバムも購入でき、プリントした写真が徐々に増えていく楽しみがあります。

 

毎月、送料200円のみで、定期的に写真が送られてくるので、写真整理が自然とできるのも良い点です。

 

iphoneアプリは、こちら→ アルバス - ましかく写真プリント

アンドロイドアプリは、こちら→ アルバス - ましかく写真プリント

 

 

赤ちゃん写真は、1年間で1000枚近く撮影。七五三までそれが続くから、写真整理はアプリ任せにしたほうがいい。

赤ちゃん時期は、初めての子供ということもあり、アルバムも手作りでコメントも書いたりしてと張り切っていました。

しかし、それは、初めだけ。

育児や仕事、家事におわれ、次第に写真整理も遠のいていきます。

気がつけば、スマホに写真は入りっぱなし。

いざ撮影しようにも、スマホデーターがいっぱいで、撮影もできない。

 

そんな悪循環を解消してくれたのが、アルバムアプリです。

無料や格安で利用できるものばかりなので、積極的に利用することをおすすめします。

 

ご妊娠・ご出産のお祝いなら、fotowaの出張撮影ギフト

生後間もない外にも出れない時期に、家にカメラマンの方が来て新生児の写真を撮影してくれるボーンフォトが流行っています。

fotowa(フォトワ)というマッチングサイトを利用すれば、好きな時に好きな場所に撮影に来てくれるカメラマンの方を全国から

探すことができます。

出張写真をギフトとして贈ることもできます。

一生の思い出として、家族の幸せな時間をプロに撮影してもらうのも素敵だとおもいます。

pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-赤ちゃんの撮り方

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.