写真整理の方法 赤ちゃんの撮り方

出産祝いにフォトギフトを贈ると喜ばれる2つの理由

更新日:

出産お祝い

男女問わずプレゼントできるのが、フォトギフトのいいところよね。

 

出産祝いといえばアルバムやフォトフレームが昔からの定番だけどどうなの?
いただいたけど、自分で写真プリントして使うのは、写真整理もしてからだから

忙しいとね。あんまり使ってないかな。

 

もらって嬉しいNo.1!出産祝いで贈れる写真撮影ギフト

他の人と絶対に被らない!2人目、3人目のお祝いおすすめ。

出産祝いの贈り物って悩みますよね。

特に、2人目、3人目の方へのプレゼントは難しい。

上の子で使ったものなど、大概のものが揃っています。

 

そんな時絶対に被らないのが、写真撮影ギフトです。

fotowa(フォトワ)は、出張写真撮影をしてくれるカメラマンさんが

好きな時に好きな場所に来て撮影してくれるサービスをプレゼントできます。

 

お宮参りや1歳の誕生日など記念日の写真撮影や新しい家族が揃った家族写真など

一生残る思い出を贈ることができます。

 

もらった方は、スマホから日時指定して撮影依頼するだけなので、手間はかかりません。

また、75枚以上のデーターをもらえるので、

いろんな表情の赤ちゃんを撮影してもらえるのも魅力です。

 

タオルやアルバムでも1万円くらいします。

会社の同僚やお友達数人とプレゼントすれば、お値段もそんなに高くないですよ。

⬇︎公式サイトはこちら︎⬇︎

 

もらって嬉しいNo.2 手形足型のお仕立券

生まれたばかりの手形や足型が入ったフォトフレームです。

お仕立券をギフトでプレゼントできます。


赤ちゃん 手形 足形フォトフレーム【お仕立券ギフト】

もらって嬉しいNo.3 成長記録を本にできるフォトブックギフト

私が、子供の写真整理をして思ったのが、フォトブックって便利だなあという感想です。

写真のプリントとアルバム整理が一度に済んでしまうので、

アルバムに写真を貼るより時短になります。

 

フォトブックってギフト券みたいな感じでプレゼントできないのかしら?

出産祝いに送れるフォトブック作成ギフト券

写真を使ったギフトというのは、

自分が持っている写真をおじいちゃんおばあちゃんに送るといったものばかりでした。

私が求めているものは、贈られた方が好きなように写真を使用し作成できる

フォトブックです。

フォトバックのフォトブックギフト券

3000円、5000円のギフト券です。

贈られた方は自由にデザインを選べ、足りない分をギフト券で補うといった使い方ができます。

贈られたかたは、作成後の支払い画面でギフト券のコードを入力して決済します。

おしゃれなデザインのフォトブックなので、喜んでもらえると思います。

⬇︎公式サイト⬇︎

 

もらってうれしいNo.4 写真整理を便利にしてくれるグッズ

赤ちゃんが生まれると、いままで写真を撮らなかった人も撮るようになります。

年々増えて行く写真の量。

 

フィルム写真の頃は、貼るタイプのアルバムが定番でしたが、

今は、データーで残す時代です。

できるだけ手間をかけずに写真整理できるグッズは、重宝します。

写真ストレージは、スマホやカメラで撮影した写真を簡単に保存でき、

時系列に整理してテレビやスマホで鑑賞する機械です。

 

出産祝いって、みんなどんなプレゼントあげてるの?

我が家が実際にいただいた長く使える出産祝いのプレゼントはこれ。

長年愛用できる上質なベビーブランケット

カシウエアのベビーブランケットは、肌触りがよく、

今でも7歳になった娘のお気に入りです。

赤ちゃん時期も使いましたが、今も車移動の外出のときなど持ち歩いています。

 

 

肌触りがふあふあで、タオルケットにもなる表ガーゼ、裏パイルのバスタオル

表がガーゼで、裏がパイル地のバスタオルをいただきました。

ガーゼのバスタオルは、割と薄い生地が多いですが、いただいたものはふあふあで

薄いものではありませんでした。

このバスタオルは、3歳くらいまでの身長なら、タオルケットにもなる仕様になっていました。

保育園のお昼寝の時間に使う時に、ちょうどいい大きさで重宝しました。

 

シンプルでおしゃれなベビー食器

名入れ木製スプーン、漆の名入れいりおわん、シンプルな陶器のお茶碗など、

いろんな方からいただきました。

食器も今でも使用しています。

子供用食器は、落としても割れないプラスティック性が多いです。

プラスティックのものは小さいうちしか使わず、100円ショップでも買えます。

 

木製、陶器、漆などは長く愛用できるのでありがたかったです。

すぐ使える出産祝いプレゼントはこれ!

オムツやおしりふきは、あっという間に使い切りました。

オムツやおしりふきは、毎日使う必須アイテムです。

特に新生児の時期は、一日何回もオムツ交換するので、あっという間に使い切りました。

ベビーおもちゃやぬいぐるみは、子供の思い出の品に

胎内音やメロディーが流れるくまのプーさんのぬいぐるみをいただきました。

寝る時にぐずったら、胎内音を流すと泣き止むと言われています。

今では、子供にとって思い出の品になっています。

 

短い期間だけ活用したプレゼントは?

洋服や靴はサイズが難しく、あっという間に着れなくなるものもありました。

靴に関しては、一度もはかけなかったのが残念でした。

 

出産祝いは、人生で一番頂き物が多いプレゼントだった。

いろんな方が贈るプレゼントだからこそ、被らないものがいい。

結婚祝いや誕生日祝いなど頂き物する機会の中でも、

出産祝いはいろんな方からいただく機会が多いプレゼントです。

同僚、親戚、友達、親の会社の人などお会いしたことがない関係者の方からも

いただきました。

 

さほど交友関係が狭い我が家でさえ、たくさんの頂き物をしたので、

他のご家庭の方は、さらにいろんなものをいただいていると思います。

 

ましてや、2人目3人目だったらすでに持っているものも多く、消耗品くらいしか

喜ばれそうにありません。

赤ちゃん時期は、写真をたくさん撮りました。

フォトギフトがブランケットや使い捨ておむつと違う利益をもたらす理由

  • 過去を振り返ることで、今を見つめ直すことができる。
  • 子供の過去を思い出すことで、背伸びしない育児ができる

過去を振り返ることで、今を見つめ直すことができる。

私がフォトブックを毎年1冊つくる理由は、記憶と記録の整理ができるからです。

1日はあっという間に過ぎ、過去がどんなだったかも忘れてしまうほどです。その早いスピードで過ぎる日々を、リセットしてくれるのが、フォトブックです。

作成中は、一年を振り返りながら写真選びをします。

子供の過去を思い出すことで、背伸びしない育児ができる

子供は、たった1年間で顔つきがどんどん変わります。

できなかったこともできるようになっています。

特に赤ちゃんは、寝たきりからつかまり立ちができるようになってます。

そんな成長ぶりを確認しながら、自分の日々も反省します。

 

今は、当たり前のようにできてることさえ、ちょっと前まではできなかったんだからゆっくり成長を見届けよう。

4歳くらいになれば、親が叱ることも増えます。

なんでうちの子はこうなの?とおもうことも、アルバムを振り返ることによってまだ子供だもん仕方ないよねーと再確認できます。

世の中は、利便性に価値をおく傾向がありますが、

自分自身を振り返ることに価値を置いてもらう意味でもフォトギフトはオススメです。

フォトギフトが喜ばれる2つの理由

  • 実用的なだけでなく、家族の絆を深めるのに役立つ
  • 長い間使用することができる

関連記事 1歳から2歳までに撮っておいてよかった写真

pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-写真整理の方法, 赤ちゃんの撮り方
-

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.