CANON EOS KISSの使い方 一眼レフの使い方

ISO感度の設定方法

投稿日:

スカイツリー 水族館

ISO感度を自分で変更するメリットは?

  • 暗い場所でも明るく撮れる
  • 暗い場所でもぶれずに撮れる

一眼レフでもスマホ同様、ISO感度は、通常オートモードを使用できます。

ですが、オートにすることによって、室内や夜などの場面では、暗く写ることもあります。

そういった場合に、ISO感度を自分で変更する方法を知っておくと、

夜景や暗い場所でも綺麗に写真を撮ることができます。

ISO感度を高くすると、ぶれない写真が撮れる

ISO感度が高くなると、シャッタースピードが速くなります。

例えば、暗い室内の明るさが

ISO100の場合

絞りF2.8 シャッター 1/2秒

1/2秒のシャッター速度は、手ぶれも起きやすく、動きのある人物撮影はブレる可能性が大です。

それを ISO6400に変更すると

絞りF2.8 シャッター 1/250秒になります。

1/250秒より遅い動きのものであれば、ぶれずに撮影できます。

手ぶれも起きにくくなります。

どうやって変更するの?

カメラのメニューボタンから変更します。

CANONの変更方法を動画でアップしました。

明るいところで高感度にすると真っ白になる

何かと便利な高感度ですが、明るいところで、高感度に設定すると

真っ白な写真になってしまいます。

明るすぎて、カメラに光が入りすぎたためです。

ISO感度の目安を覚えておくと変更しやすい

ISO 100〜400 晴天の屋外

ISO 400〜1600 夕方、曇りの屋外

ISO 1600〜6400以上  夜景、暗い室内

というように、場所や時間帯で光の量が変わります。

ISO感度は厳密なものでなく、だいたい綺麗にとれる感度はこれくらい?

という感覚で利用するといいです。

低感度は、画質が綺麗

A4以上に大きくプリントしたい場合は、ISO800以下で撮影することを

おすすめします。

高感度は、ぶれを抑えられますが、画質が悪くなり、ノイズといって

ザラザラした写真になります。

L版くらいのプリントなら3200以上の高感度撮影してもさほど、画質の荒さはきになりません。

高感度は、スマホでは撮れない写真が撮れる

子供を撮影すると、誕生日のろうそくシーンや夜のお祭りなど、暗い場所での撮影も多くなります。

わたしの場合、ぶれるくらいなら、画質が悪くなってもいいやという感覚で、ISOを高感度にして撮影します。

高感度、高画質の一眼レフ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 ボディー ブラック 2416万画素 3.2型液晶 タッチパネル D5500BK

コンパクトカメラでも室内や夜景の写真をきれいに写すコツ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 さおり 椿

PR

pc関連記事広告

記事下

-CANON EOS KISSの使い方, 一眼レフの使い方

Copyright© おやこかめら , 2017 AllRights Reserved.