カメラ、レンズを買いたい

一眼レフ初心者のデジカメ選び5つの基準と必須アイテム3選

投稿日:

スマホカメラで、簡単に綺麗な写真が撮れるようになりました。
そのおかげで、写真を撮るのが楽しくなった!と写真に興味を持たれる方も
増えています。

もっと上手に撮りたい!
雑誌に載っているような綺麗な写真にしたい!
スマホカメラで限界を感じ、一眼レフにチャレンジしたい

という方へ初めての一眼レフについて書いてみたいと思います。

canon?nikon? どの一眼レフカメラを選べばいいの?

 

初心者向けの安い一眼レフカメラから始めるのがおすすめです。

カメラメーカー各社から、初心者向けの一眼レフが発売されています。
メーカによって、それぞれ特徴があります。

選択基準

  • 予算
  • 大きさ、重さ
  • デザイン
  • レンズの種類
  • wifi内蔵

予算優先

一眼レフは、カメラ本体とレンズの組み合わせで価格が違ってきます。
カメラ本体が安くても、望遠レンズなどの高額レンズをつければ、10万円は軽く超えます。

6万円以下で、一眼レフを始めたい。

カメラの購入方法は、2通りあります。

  1. レンズ一本と本体のセット→両方新品
  2. 中古のレンズと中古のカメラ本体を買う

ズームレンズ一本とカメラ本体のセットを購入する場合

カメラ本体とレンズ一本がセットになっているレンズセットは、初心者向けです。

一眼レフを始めやすいよう価格が抑えめになっています。
どのレンズを選んでいいのかわからない場合、入門セットを購入するといいです。

 

canon eos x9は、私も使用していますが、軽くて小型な上、初心者にも撮影しやすいよう

液晶画面でガイドが表示されます。

初めて一眼レフを使ってみる方には、間違えのないカメラです。

 中古のレンズと中古のカメラ本体を別々に購入する。

中古でカメラとレンズを購入するのも悪くありません。

中古カメラには、程度のランクがあります。

 

最上ランクは、新品同様で傷もなく使用頻度が少ない。

逆に、低ランクは、傷もあって、使用頻度が高く、付属品もない。

といった具合にランクづけで値段が変わります。

 

購入するのは、新品に近いランクのものを選びます。

 

レンズについては、何年経っても同じ性能。

中古を買ったからといって、写真写りが悪くなることはありません。

多少外観に傷あるだけで、新品よりはるかに安くいいレンズが購入できます。

 

初心者でも買いやすい。中古カメラやレンズの買える場所

カメラのキタムラ中古

全国にあるカメラのキタムラの中古専門サイトです。
全国から取り寄せることができるので、欲しいカメラやレンズが見つかります。

手持ちの使っていないカメラを下取りに出せば、購入資金に当てられます。

大きさ、重さ優先で選ぶ

女性やお子さんのいる方は、できるだけ軽くて小さいデジカメが好まれます。
一眼レフでも500gを下回る軽い機種があります。

軽くて小さいスマホ感覚で持ち歩ける一眼レフは、 EOS Kiss Mです。

バリアグル液晶といって、液晶が動き、運動会、ディズニーパレードなどの
人混みで高い位置からの撮影も液晶をみながら撮影できます。
WIFI搭載

 

  • デザイン優先で購入

一眼レフは、黒ばかり。
カラフルで女性らしい一眼レフがほしい方向け

  • レンズの種類の多さ優先

一眼レフにはまると次々レンズが欲しくなります。
もう少し遠くを撮りたいと思ったら、望遠レンズが必要です。

レンズは、対応しているカメラのものしかつけられません。

使えるレンズの種類は、メーカによって違います。

純正以外のタムロンやシグマといったレンズメーカーからも
CANON,NIKON,ソニー,PENTAXなどの一眼レフに付けられるレンズが発売されています。
純正メーカーにはない、望遠ズームレンズや広角ズームレンズもあるので、
運動会や野鳥など遠くを撮影される方は、使用したいレンズからカメラのメーカー
機種を選ばれるといいと思います。

  • wifi内蔵

最近やっと、一眼レフでもWIFI搭載のデジカメが出てきました。
ブログやSNSで写真を掲載したい方、家族と写真を共有したい方には、
WIFI内蔵の方が便利です。

はじめにそろえるといいカメラグッズ

一眼レフを始めると、あとあと必ず必要になるグッズがあります。
購入時に買っておくと手間が省けるので、書いておきます。

デジカメを保護するためのカメラグッズ

  • レンズフィルター
  • カメラバック
  • クリーニングブラシ
  • レンズフィルター

 

レンズのガラス部分は、傷がつきやすいです。
うっかり指で触って指紋がついてしまったり、砂や埃もよくつきます。
そういったことからレンズを守るために、ガラス製のフィルターを前につけます。

レンズによって大きさ(口径)が違うので、自分の使うレンズにあったものをつけます。

  • カメラバック

一眼レフを衝撃から守ってくれるのが、バック自体にクッション性がある
カメラバックです。
手持ちのバックがカメラバックになるような、インナーバックも発売されています。
慣れないうちは、カメラバックを利用すると壊さずにすみます。

  • クリーニングブラシ

ブラシとレンズクリーナーが一本になったペンタイプのクリーニンググッズ。
レンズやカメラ本体についたホコリをブラシで払ったり、
液晶画面についた指紋を拭いたりすることができます。デジカメやレンズのお手入れは、頻度は別として必ずするものなので、
はじめに買っておくといいです。

 

初めての一眼レフと、はじめに用意しておくといいグッズについて書いてみました。
最後に、今使っているスマホカメラと一眼レフの違いについて、
触れておきたいとおもいます。

一眼レフとスマホカメラの大きな違い

一眼、初心者、レンズ

スマホやコンパクトカメラで撮った写真をみて、
見た目と写真に違和感をかんじたことないですか?撮影した写真をみて、なんでこんなに小さく写っちゃうの?といった違和感です。
その原因は、レンズにあります。
スマホのカメラは、ズーム機能を使わない限り、広範囲に写ります。
実際に目で見ている風景は、一点に焦点があたり周りがぼけてみえてます。実際の人間の目で見ている風景
スマホカメラの写真
一眼レフカメラは、レンズを変えて撮影できます。
人間の見た目に近いレンズを使用すれば、思い描いていた風景を映すことができます。
そして、一眼レフは、背景をぼかすことができます。
このボケがより肉眼で、みたかんじに近い見え方になります。

一眼レフがおすすめの理由は?

『難しそう。』なんて思う方もいると思います。
せっかく高いカメラを買って、理解できずにお蔵入り何てことになったら?
という不安もあるかもしれません。

心配はいりません。
カメラのシーンモードを使えば、たいてい綺麗に撮れます。
シーンモードは、スポーツ、料理、夜景など撮りたいものにあわせ
自動設定してくれるモードです。

もし撮ってみて失敗しても、何度でも撮り直すことができます。
一度、一眼レフで撮影したら、写真の美しさに感動すると思います。
写真を通して、新しい発見や出会いを楽しんでください。




pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-カメラ、レンズを買いたい

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.