スマホ、iphoneでの撮影方法

その写真投稿して大丈夫?EXIF情報でプライバシーが筒抜けになる。

更新日:

ブログやインスタグラムなどで投稿した写真から
居場所が特定されてしまうのご存知でしたか?

Google ChromeのEXIF Viewerという機能拡張を使うと、
マウスのポインターを写真に乗せるだけで、
撮影日時、使用カメラ、撮影場所が丸裸になってしまうんです。

写真、個人情報、注意

 

どうしてそんな詳しい情報がわかってしまうかと言いますと、
スマホやデジカメには、撮影した写真に、
撮影日時やGPS情報などを含む「EXIF情報」が付加されてます。

GPS情報が付加されたままの写真を投稿すると、撮影場所がどこか特定でき、
自宅で撮影した料理写真が、自宅の住所を世界中にばらまいてしまうリスクもあります。
こんなに簡単に、プライベートな情報が、だだ漏れになってしまうなら、
簡単に犯罪に利用されてしまいます。




写真からのプライバシー情報漏えいを防ぐ方法

  • スマホカメラの位置情報サービスをOFFにする
  • アプリを使用して写真の位置情報を削除する
  • デジカメのGPS情報をオフにする。
特に、スマホはナビとかで位置情報使ってるから、写真にも情報流れちゃうじゃない。 怖いよね。

スマホカメラの位置情報をオフにする方法

まずは、一番情報漏えいをしやすいスマホから確認します。
スマホからの情報漏れは、位置情報サービスです。
マップなどのアプリを使うと必ず、現在地を送信していいですか?
と聞かれるサービスです。

写真に位置情報をつけるのは、カメラアプリです。
ですので、カメラアプリの位置情報サービスをオフにします。

IPHONEの位置情報サービスを確認する方法は、
設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラ→オン/オフ
カメラや動画撮影アプリの位置情報サービスをオフにします。

ほとんどのアプリに位置情報サービスがついてます。
位置情報を必要としないアプリは、オフにしておくことをお勧めします。

詳しくは、
iPhone、iPad、および iPod touch のプライバシーと位置情報サービスについて

Android 搭載端末の位置情報変更方法

アプリを使用して写真の位置情報を削除する

iphone用アプリ

すでに、撮影済みの写真から位置情報を削除できるアプリです。
TrashExifは、撮影データーも削除できます。

アンドロイド用アプリ

デジカメのGPS情報をオフにする。

自分の使っているデジカメから知らない間に、個人情報が漏れているかもしれません。
GPS機能を搭載したデジカメは、ブログ掲載、他人への譲渡の際に情報漏えいが発生します。

  • 位置情報が記録されている静止画
  • 位置情報が記録されている動画
  • GPSログファイル

防止策として、カメラメーカーの説明書等でGPS機能のオンオフを確認します。

CANON
GPS機能の使い方

すでに、掲載しているブログ写真の位置情報の有無を確認する方法

Google ChromeのEXIF Viewerを使う。
インターネットの検索ブラウザーをGoogle Chromeにします。
Google Chromeは、無料でダウンロードできます。

Google ChromeでEXIF Viewerインストールします。
インストールできたら、Google Chromeで自分のサイトを表示します。
自分のサイトに掲載されている写真をクリックすると、撮影情報が表示されます。


exif データーなしになれば、OKです。




pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-スマホ、iphoneでの撮影方法

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.