一眼レフレンズの選び方

一眼レフ広角レンズの選び方

更新日:

_MG_1268

広角レンズって何?

広角レンズは、スマホのカメラみたいに広い範囲を撮影できるレンズのことだよ。

スマホと同じ見え方をするレンズ

スマホでよく撮影される、料理、街角風景などが撮影できるレンズです。

iphoneと同じ見え方をするので、スマホ感覚で撮影できる使いやすいレンズです。

 

集合写真とかで使うレンズはどんなのがいい?。

広角レンズは、室内など狭いところで撮影する時の集合写真などで使います。

スマホで集合写真を撮影すると、端の人の顔が歪んで太って見えたりすることがあります。

 

これは、広角レンズ特有の歪みです。

10mmのように超広角レンズを使うと、さらに端の人が歪みます。

広角レンズでも35mmくらいのレンズを使うと歪みが抑えられます。

スタイルが悪く見えるのはなぜだ?!広角レンズで人物を撮る(撮られる)ポイント

広角レンズを選ぶ基準

広角レンズといっても、超広角から、見た目に近い広角範囲までの種類があります。

人気があるのが、20mm,24mm,35mmあたりです。

どこまで写したいか、どんな風に写したいのかで選ばれるといいと思います。

⬇︎広角レンズの写り方が参考になる動画⬇︎

キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMは、aps-c一眼レフにつけるズームレンズです。

35mm換算で、16-28mmくらいの焦点距離です。

16mm側で撮影すると、かなり広い範囲まで撮影できます。




 

薄くて持ちやすいので、町歩きに便利。24mm単焦点レンズ

広角レンズにはズームレンズと単焦点レンズがあります。

ズームレンズは1本で複数のレンズが使える便利さがありますが、

その分大きめに作られています。

 

単焦点レンズは、ズームできないですが、レンズ全体が薄いので、

カメラをコンパクトにできます。

キヤノン EF-S24mm F2.8 STM

キヤノン EF-S24mm F2.8 STMもaps-c一眼レフ専用レンズです。

35mm換算で、38mmくらいになります。

超広角レンズは、目で見たのとは違う、想像を超えた景色を見せてくれる

広角レンズの面白さは、パースペクティブといって、ゆがんで写るところです。

近いものが大きく写り、肉眼とは違う不思議な世界を映し出せます。

特に、海や砂漠といった、同じパターンの続くような自然風景では、

雄大さや荒々しさを表現することもできます。

canon EF11-24mm F4L USM

canon EF11-24mm F4L USMは、フルサイズ一眼レフにつけるレンズです。

11mmという超広角な範囲を撮影できます。

これは以上広角になると、本来魚眼レンズといって、湾曲して写っていました。

それを、湾曲せずに広範囲を写せるので、いままで見たことのない映像、

画像表現をすることができます。

広角レンズを使った撮影




 

pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-一眼レフレンズの選び方

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.