PR



CANON EOS KISSの使い方 子供とお出かけレビュー

CANON EOS KISS 夜景、縁日で人物も夜景もきれいに撮る方法

更新日:

夜景、EOS KISS

イルミネーションをバックに記念撮影する設定

  • ISO感度オート
  • プログラムモード

イルミネーションは、オートで撮れる!

_MG_2367

関東三大イルミネーションと呼ばれる、東京ドイツ村に家族で行きました。

広大な敷地に広がるイルミネーションは、圧巻でした。

いつも、持ち歩いているEOS KISS X7にて記念撮影。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK

設定は、

  • ISO感度オート
  • プログラムモード

手持ち撮影で、ストロボ発光せずに綺麗に撮影できました。

夜景など暗いシーンでは、ISO感度を高感度にします。

ISO感度をオートに設定すれば、自動でISO感度が高感度に切り替わります。

シーンインテリジェンスモードは、夜景に不向き

シーンインテリジェンスモードという、シーンに合わせて撮影してくれる

全自動モードがあります。

イルミネーションを背景に記念撮影する際、このモードでは、

ピント合わせができず、シャッターがおりませんでした。

プログラムモードに変更すると、シャッターも無事おり撮影できました。

花火や夏祭りのシーズン。

グリーンプラザ軽井沢

夏の風物詩は、夜に行われます。

我が家も、先日保育園で夏祭りがありました。

日が落ちてからの子供たちの盆踊り。

多くの保護者が、スマホやデジカメで浴衣姿の子供たちを撮影していました。

ですが、提灯の明かりしかなかったので、見た目にも自分の子供がどこにいるのかわかりづらい状況でした。

案の定、動画や写真も真っ黒で、何が写っているのかわからないといった失敗作に。

夜景、夜イベントの失敗例

  • 暗くて、何が写っているかわからない
  • ぶれる

夜景、縁日で人物も夜景もきれいに撮る方法

ISO感度ISO6400以上に変更で明るく写す

液晶画面に写る暗い写真や動画を明るくするには、

ISO感度をISO6400以上に変更します。

ISO設定がオートの場合、ISO6400ほどに設定されます。

マニュアル露出で撮影する

_MG_2342

どんどんあたりが暗くなって、絞り優先モードなどのオート設定で対応できなくなったら、マニュアル露出で撮影します。

目安は、

  • F値 2.8(開放値)
  • シャッタースピード 1/15
  • ISO感度 6400以上

写真の知識がないと、露出設定は難しいと考えがちです。

目安を基準に、明るければ、シャッタースピードを早く、

暗ければシャッタースピードをさらに遅くして調整します。

液晶画面が明るくみえれば、綺麗に撮れているので、難しく考えず、

シャッタースピードを変えながら程好い明るさで撮影します。

動画撮影が暗い場合は、マニュアル設定にする。

動画撮影でもオートモードで対応できなくなったら、

マニュアルモードで撮影します。

写真撮影と同じように、F値を開放値にして、画面を見ながらシャッタスピードで明るさを調整します。

1秒に近づくにつれ、画像にブレが出てくるので注意!

夜景撮影のサポートグッズ

グリップになるミニ三脚は、動画撮影時に手ぶれを防いでくれます。

片手でカメラを持つことができるので、撮影も楽になります。

JOS honpo カメラグリップにもなる 卓上 ミニ 三脚 スマホ iPhoneホルダー付き iPhone 6 plus 対応

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 さおり 椿

PR

pc関連記事広告

記事下

-CANON EOS KISSの使い方, 子供とお出かけレビュー
-

Copyright© おやこかめら , 2017 AllRights Reserved.