一眼レフの使い方

D810とPCを無線で接続。画像転送

更新日:

WT-5 D810

無線接続に必要なもの

まずは、カメラ。ニコンD810

 


無線機器は、


UT-1(バッテリー別売り)

 


WT−5

 

D810の場合WT−5だけでは、無線接続ができません。
UT-1という機器にWT−5をつけて、カメラに接続します。
見た目に大きいのが難点です。


SDカードスロットにeyefiカードを入れて、画像転送できますが、
撮影枚数が多いと画像転送が遅くなります。
撮影をできるだけスムーズに進行するために、wt-5を使うことにしました。

D810用にUT-1とWT−5がセットになったキットが販売されています。

D810の無線による画像転送機器のセット

転送先のPC使用条件

mac ox10.7以前
FTPでの画像転送を行いたいので、10.7以前のOSを使用します。
ですが、10.7以前だとニコンのRAWファイルが開けません。

あくまでも、JPGの画像確認用に古いOSで構築しています。
RAWの処理は、10.7以降のPCで行います。

必要なものがそろったら。

設定準備

1)UT-1のバッテリーを充電。
D810と同じバッテリー。
D810のバッテリーチャージャーが使用できます。

セットアップメニューのネットワークから



ハードウェアーの選択を無線LANにします。


新規設定で新規追加を選択

WT-5
接続ウィザードを選択

WT-5 D810
FTP画像送信モードを選択


任意の名前を入力


任意の名前を入力
PCで使用します


カメラの設定を中断し、PCの設定をします。

カメラで設定したSSIDでネットワークを設定


システム環境設定のネットワークでPCのIPアドレスを手入力


IPV4 アドレス 169.254.011.114
サブネットマスク 255.255.000.000


システム環境設定の共有にあるファイル共有にチェック。
オプションにあるFTP共有にチェックをいれる

再びカメラの設定に戻る。


PCのIPアドレスを入力


ログイン名を入力
ログイン名は、MACのユーザーの家のアイコンの下にある名前を入力


MACのパスワードを入力

以上で設定終了です。

ファイル転送のエラーが出たら、詳細で設定情報を確認できます。




pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-一眼レフの使い方

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.