一眼レフの使い方

rawってどう使うの?jpgとの違いはなに?

投稿日:

camera raw,jpg,写真,保存形式

  1. jpg
  2. raw
カメラを買うと目にする記号。
写真の保存に使うファイル形式の名前です。
通常、写真のファイル形式はjpgで保存されます。



jpgと rawの違いはなに?

例えて言うと、jpgは、プリント写真
camera rawは、フィルムです。

今発売されているカメラは、画質が綺麗ですよね。
画質が綺麗だとひちくちに言っても、
プリントされる大きさによって綺麗さが変わってきます。

jpgの中にも大中小とサイズの違うjpgが
フォーマット化されているカメラも多いです。

jpgの大、中、小の使い分けってどうするの?

メールで送る時は小
ブログなどに載せる時は、中
プリントする時は大

というように使う用途でサイズを変えられ、
データーを軽くできるのがjpgの良さです。

camera rawはどんな時に使うの?

rawは、一眼レフカメラやミラーレスカメラにある保存形式です。
rawは、昔で言うフィルムの役割をしています。

 

どうゆうことかというと、フィルムは現像時間の長さで、
写真を明るくしたり暗くしたり調節が可能でした。

 

camera rawは、画像処理ソフトを使って明るさや色を、
データーを壊さずに自由に調節できます。

jpgで画像調整するとデーターが壊れます。

jpgは、プリントした写真に色を塗るようなもの。

rawは、フィルムのような役割ですから、
いくらいじってもデーターが壊れることはありません。

データーが壊れると読み込みができなくなります。
写真がなくなるのと同じです。

raw は、カメラ付属の現像ソフトやphotoshopなどの市販のソフトで加工します。

rawデーターから、jpgやtiffなどの拡張子に変換する。

rawデーターはフィルムと同じ役割なので、raw現像とも呼ばれています。

rawデータのままでは使用せず、必ずjpgやtiffといった拡張子に変換して使用します。

rawを現像するソフトは、アドビ製品が良い

raw現像は、カメラ付属のソフトでできますが、

よりいろんな機能が備わっているソフトも人気です。

プロカメラマンがみんな使っている アドビ フォトショップ

アドビのフォトショップは、プロカメラマンの愛用ソフトです。

アプリ版もあり、PCやタブレットでRAW現像を行えます。

Adobe Photoshop Elements は、

フォトショップの廉価版で、趣味で使ってみたい方に向けたソフトです。

 

アドビ ライトルーム

アドビのライトルームは、プロ、アマ問わず人気のソフトです。

raw現像、レタッチ、テザー撮影、写真閲覧が行えます。

ライトルームがあれば、十分というくらい多機能なソフトです。

私は、ipadにアプリを入れています。

raw現像は、全ての画像に行うのではなく、プリントしたい写真だけに行う

raw現像は、撮影した全ての写真には行いません。

セレクトといって、使用したい写真のみに行います。

例えば、ブログで使いたい、印刷してアルバムに貼りたい、友達と共有したいといった

写真をrawで明るさや色調補正し、jpgに変換して使用します。

 

撮影するときは、rawにした方がいいの?

snsなど撮影した瞬間から、共有する場合は、jpgで撮影します。

rawデーターをwifiで転送すると、とても遅いです。

rawとjpgの両方で撮影すれば、暗い写真を明るく補正できます。

メモリーカードの空き容量がほしい場合は、jpgのみで撮影します。




pc関連記事広告




書いてるひと:椿 さおり

女性ファッション雑誌の撮影をメインにフォトグラファーとして活動しています。 6歳の女の子の母でもあります。 娘が生まれるまでは、写真を撮ること=仕事でした。 こどもを授かってからは、早い成長に負けじと思い出写真を撮る日々です。 そんな日々で感じた、仕事とは違う視点や撮影方法を役に立つ形で共有できたらと思いブログで書いています。

-一眼レフの使い方

Copyright© おやこかめら , 2018 AllRights Reserved.